アラキドン酸サプリイメージ

アラキドン酸が必要な人

不飽和脂肪酸の一種である「アラキドン酸」は、脳機能の構築と維持に欠かせない栄養素の一つで、近年ではDHAに並んで重要な栄養物質として注目が集まっています。
すべての哺乳類に必要な物質とも言われていますが、私達ヒトについては加齢とともに体内で合成しにくくなると言われており、かといって食事から継続的に摂取することも比較的難しいため、サプリメントを使って上手く食生活に摂り入れていく必要があります。
アラキドン酸は胎児からご高齢の方まですべての人に必要な栄養素ですが、今回は特にアラキドン酸が重要な役割を果たす場合について紹介したいと思います。

・胎児~出産後の赤ちゃん
アラキドン酸がまず必要な段階として、胎児期から出産後の赤ちゃんが挙げられます。
人の脳の神経細胞は胎児のときに爆発的に形成されますが、アラキドン酸はこの神経細胞の生成を促進する物質であるため、胎児期からお母さんが必要量をきちんと摂取してあげると、そのぶん赤ちゃんの脳は正常に発達することができます。

・妊娠中、授乳中のお母さん
すべての赤ちゃんは、自分の力で必要な栄養素を摂りいれることはできません。
そこで、妊娠中や授乳中のお母さんはアラキドン酸が不足しているかどうかをチェックするようにしましょう。
普段からあまり動物性の食品や植物油などを摂らない場合は、サプリメントや食品などから摂取する必要があります。
場合によっては医師からアラキドン酸を摂るよう指示を受けることもありますが、赤ちゃんが脳機能を正常に構築するためにも、ぜひ積極的に補ってあげるようにしましょう。

・中高年期以降の方
アラキドン酸は人間の体内でも合成することができる物質ですが、年齢とともに合成量は減少していきます。
特に中高年期は身体の中のさまざまな部分に衰えが出てくる時期であり、アラキドン酸についても減少が始まります。
不足しがちな分はサプリメントなどを上手に活用して補うと良いでしょう。