アラキドン酸サプリイメージ

アラキドン酸の摂取を減らすには

アラキドン酸は、脳の働きを良くしたり、認知症やアルツハイマー病の予防効果があるとして注目を集めています。
他にも、動脈硬化やアレルギーやアトピーを抑える効果もあるとしても言われています。
このように、さまざまなことに効果があるため、アラキドン酸をしっかり摂取したいと思うものです。
しかし、アラキドン酸は過剰摂取をしてしまうと逆の効果が出てしまうことがあるのです。
どういうことかというと、アレルギー症状が出やすくなったり、動脈硬化を引き起こしやすくなってしまうのです。
また、アラキドン酸は動物性脂肪に多く含まれます。
野菜には含まれておらず、肉や魚、卵に多く含まれます。
これらの食品はコレステロールが高いものが多いです。
そのため、アラキドン酸の過剰摂取は、コレステロールの摂りすぎにもつながることがあるのです。
コレステロールの摂りすぎは、メタボリックシンドロームや肥満、生活習慣病の原因にもなります。
そこで、アラキドン酸の摂取量を適量にし、過剰摂取を控えることが必要なのです。

では、目安としてどのくらいの量を摂ればよいのでしょう。
私たちの食生活が洋風化したため、普通の食生活であれば一日に必要な量は賄えていると言われています。
過剰なダイエットや、マクロビオティックのような食事制限をしていなければ、必要量は摂れていると考えて良いでしょう。
一般的に一日の内、一度肉や魚、卵が使われている食事を摂れば必要量は十分摂取できると言われています。
ですから、肉食に偏っている人は過剰摂取になっている可能性が高いのです。

では、摂取量を減らすためにはどうしたらよいのでしょうか。
まずは、肉類や卵の摂取量を減らすことです。
メインディッシュで肉類が使われている食事は一日に一度にしましょう。
また、肉類を食べる量を減らす分、野菜を摂ってバランスの良い食事を心がけましょう。
特に、ビタミンEは一緒に摂ることで効果が持続しやすくなります。
肉類を減らした分、サラダやおひたしのような小鉢を足したりしてビタミンEの摂取を心がけてみましょう。