アラキドン酸サプリイメージ

アラキドン酸とドコサヘキサエン酸

最近、脳のアンチエイジング効果があるとしてアラキドン酸が注目されています。
ですが、その前から脳に効果があるとして注目されていたものがあります。
それがDHAと言われるドコサヘキサエン酸です。
これらはどちらもn-6系脂肪酸やオメガ6系脂肪酸と言われる脂質に属しています。
どちらも魚の脂質に含まれている成分です。

もともと、ドコサヘキサエン酸が先に注目されたのは研究が先に始まったからです。
アラキドン酸は、研究用に成分を抽出することが難しかったため、先にドコサヘキサエン酸の研究が進められました。
そのために、先にドコサヘキサエン酸が注目されるようになったのです。
最近、やっとアラキドン酸の抽出技術が確立し、研究が進んできました。
そこで、二つの違いがはっきりわかるようになってきたのです。

二つに共通することが属するのがn-6系脂肪酸であることや、魚に多く含まれることがあります。
また、両者とも脳によいものとして認知がされています。
ドコサヘキサエン酸は記憶力、判断力を向上させる効果があります。
他にも視力回復、血行改善、精神安定といった効果もあります。
アラキドン酸は、学習力や記憶力を向上させる効果があります。
他にも高血圧予防、コレステロールを下げたり、免疫力向上といった効果もあります。
二つとも脳のアンチエイジング効果があるため、認知症やアルツハイマー病予防や物忘れ防止に効果があるとされています。

どちらも、基本的には体内で生成することができるものです。
しかし、加齢とともに体内で生成できる量がどんどん減っていきます。
そのため、食事からの摂取が必要となります。
アラキドン酸は肉類でも特にレバーに多く含まれます。
ドコサヘキサエン酸は脂の乗りが良い青魚に多く含まれます。
毎日の食事で、この二つを摂ればよいだけではありません。
体を作るには他にもさまざまな栄養素が必要です。
ですから、毎日の食事では肉と魚のどちらも摂ることを意識するだけでなく、野菜や穀物もバランスよく摂ることが大切なのです。