アラキドン酸サプリイメージ

アラキドン酸が重要だとされるようになった経緯とは

少し前まで、アラキドン酸という名前を知っている人はほとんどいませんでした。
それが、最近の健康志向の流れもありよく聞くワードの一つになりました。
アラキドン酸がこんなにも注目されるようになったのはなぜでしょうか。

まず、最近になって注目されるようになったのは、研究が遅れていたことが原因の一つにあります。
似たような成分でよく知られているものにDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)があります。
これらは、アラキドン酸よりも早くから研究がされてきました。
同じように魚の脂肪分に含まれる物質ながら研究時期が遅くなったのは、研究材料として成分を抽出することが難しかったためです。
しかし、最近では抽出方法が確立されたため、研究が進み、その成分が明らかになったことで注目を集めることになったのです。

アラキドン酸を摂取することで得られる効果はとてもたくさんあります。
その中でも最も注目されているのが、脳への効果です。
私たちが生きていく中で、脳が機能することは欠かせないことです。
脳機能が低下してしまうと、物忘れや、とっさの行動ができなかったりしてしまい、私たちの生活は様々な不都合が出てしまいます。
そうならないために、できることの一つとして、アラキドン酸の摂取があるのです。
近年では、医療技術の進化や栄養豊富な食事が摂れることで高齢化が進んでいます。
そのため、認知症の高齢者が増えていることが社会問題になっています。
この認知症やアルツハイマー病の予防にも、アラキドン酸が効果があるとされています。
予防するためには、物忘れや記憶力低下の症状が出る前からの摂取が大切です。
そのため、早いうちからの摂取をするためにも、アラキドン酸が重要ということがよく言われるようになったのです。

基本的に、普通のバランスのとれた食生活をしていれば、一日に必要なアラキドン酸をきちんと摂取できると言われています。
一日の中で一食は肉や魚、卵が使われたものを摂るようにしましょう。
コレステロールや脂肪が気になる場合には、魚を摂るようにすれと効果的です。