アラキドン酸サプリイメージ

アラキドン酸が不足するかもしれない食生活とは?

アラキドン酸は本来は、体内で生成することができます。
しかし、その生成量は年と共に減っていきます。
そこで、食事での摂取が必要となります。
アラキドン酸が多く含まれる食べ物には肉や魚、卵があります。
戦前や戦後は食糧難であったり、野菜中心の食生活だったため、アラキドン酸の摂取量は少ないとされていました。
しかし、今は食生活が洋風化して毎日肉や魚、卵を摂る生活になりました。
そのため、基本的に意識しなくても多くの人が一日の必要量が補えている場合が多いのです。
しかし、必要量が食事で補えていない場合があります。

たとえば、ダイエットをするために肉や魚、卵を全く摂らないようにしている場合です。
これは、若い女性だけでなく、中高年の男性でも当てはまる場合があります。
若い女性は『ダイエット=脂肪をなくす』ことを考えがちなので、無理なダイエットをするイメージがあるでしょう。
中高年男性でこのような状況になるのは、メタボリックシンドローム対策の場合です。
アラキドン酸を多く含む食材は、コレステロールが高い食品が多いです。
そのため、コレステロール対策でこのような食品の摂取を控えている場合があるのです。

他にも、高齢者もアラキドン酸が不足している可能性があります。
それは、高齢になると肉類を食べる量や機会が減ってしまうためです。
そのため、最近では病院や老人ホームでも肉類を積極的にレシピに取り入れているところが増えています。
一日のうち、一度は肉や魚、卵を用いた食事を摂るようにしましょう。

もしも、コレステロールや脂肪が気になる場合には、魚からの摂取を心がけましょう。
魚類はアラキドン酸以外にもDHAやEPAといった栄養成分も摂ることができます。
また、肉や魚、卵さえ摂れば良いわけではありません。
きちんとバランスのとれた食事を摂ることが大切です。
特にビタミンEはアラキドン酸の働きを助けます。
偏った食事ではなく、肉・魚以外にも野菜や穀物、海藻をバランスよく摂る食事を心がけましょう。
そうすれば、アラキドン酸だけでなく他にも不足した栄養素がきちんと補える食事ができるようになります。