アラキドン酸サプリイメージ

アラキドン酸を摂取できる鶏レバーの料理

アラキドン酸を多く摂取できるものの中にレバーがあります。
アラキドン酸が多く含まれるレバーは動物の内臓の中でも、最も柔らかくて栄養が多く含まれている部位です。
良質なたんぱく質が豊富に含まれているだけでなく、鉄分や葉酸も多く含まれています。
ですから、肝機能を強化したり、疲労回復、貧血予防などに効果があります。
そして、アラキドン酸を多く含むので、脳のアンチエイジング効果や免疫力向上効果もあります。

レバーは牛・豚・鶏それぞれにあります。
牛レバーは他の二つに比べてビタミンB15を含んでいます。
豚レバーはビタミンAや鉄分が大幅に高いです。
鶏レバーはもっとも低カロリーです。
レバーと言うと独特のクセがあるため、苦手な人も多いです。
少しでもクセのないものを食べたい場合、まずは新鮮なものを選ぶことが大切です。
次に大切なのが下処理をきちんとすることです。

このようにしっかりと準備をしても、やはり苦手な人にとってはクセや臭みを感じてしまうものです。
そこで、おすすめなのがペーストにする方法としっかり味付けする方法です。
まず、ペーストにする方法ですが、これはペーストや細かくしてひき肉に混ぜるという方法です。
ハンバーグやミートソースといったひき肉を使うレシピにひき肉と一緒に細かくしたレバーを混ぜるのです。
肉の味にも深みが出ますし、細かくなっているのであまりレバーの臭みを感じません。

もう一つの方法ですが、濃いめの味付けにしたり、香辛料をしっかり用いる方法です。
良く出てくるレシピの一つである甘辛煮ならばしょうがをたくさん入れることで臭みを感じにくくなります。
レバーカツにするときには、スパイスでしっかり下味を付けると効果的です。
他にも炒め物にするときにはにんにくやニラといったものと一緒に炒めると効果的です。

このように、実はレバーを使ったレシピは様々なものがあります。
初めから苦手と思わず様々な料理に挑戦してみましょう。
全てのレバー料理を食べられる必要はありません。
毎日食べるわけではないのですから、試してみて美味しいと思えるレシピで食べればよいのです。