アラキドン酸サプリイメージ

アラキドン酸の市販薬にはどんな種類がある?

食生活が洋風化し、食生活も豊かになった現代では、アラキドン酸不足になることは少ないと言われています
むしろ、肉や卵を摂取する機会が多く、野菜を摂らない偏った食事になりがちなため、アラキドン酸の過剰摂取が心配されています。
脳の働きを良くしたり、免疫力を向上させたり、といった効果があるため、積極的に摂取しようと思いがちです。
しかし、過剰摂取はアレルギーやアトピー性皮膚炎を発症しやすくしてしまうことがあります。
他にも動脈硬化を起こすこともありますし、動物性脂肪の摂りすぎからコレステロールの摂りすぎになることもあります。

基本的には、一日に一度肉や魚、卵が使われている食事を摂れば十分に必要なアラキドン酸を摂取できていると言われています。
しかし、食事制限やアレルギーによって、一日に一度でもこのようなものを摂取することができない人もいます。
アラキドン酸は不飽和脂肪酸に含まれるため、動物性脂肪が含まれたものに入っています。
そのため、植物の中には入っていません。
食事での摂取をしなくても、体内での生成もされるものではあります。
しかし、その生成量は年齢と共に減っていき、食事で補わなければならないようになってしまいます。
ですから、食事での摂取が難しい場合には、サプリメントでの摂取で補う必要があるのです。

サプリメントは医師から処方されるものだけでなく、市販されているサプリメントがあります。
サプリメントのパッケージには、摂取目安の量や注意書きがきちんとされているので摂取するにあたっての心配事はだいたい解決できます。
最近ではサプリメントの種類も豊富になり、メーカーによって様々なものがあります。
アラキドン酸のみが配合されているのではなく、多くのメーカーのものがほかにも脳や身体のアンチエイジング効果のあるものが配合されています。
最も多いのがオメガ脂肪酸である、DHAとEPAが配合されているものです。
サプリメントを飲むことで、もちろん脳の健康効果が得られることもありますが、過剰摂取だけは気を付ける必要があります。
もしも、毎日の食事で摂取量が多すぎないかと心配のある人は、医師に相談して飲む必要があるかどうかを検討するようにしましょう。