アラキドン酸サプリイメージ

アラキドン酸を減らした方がメリットのあるケースとは

食品に含まれる栄養素には、多く摂るほど良いものもあれば摂りすぎると良くないものもあります。
アラキドン酸もその中の一つです。
アラキドン酸を適量摂ると、脳の働きを良くしてくれたり、アレルギー症状を抑えたりする効果があります。
しかし、摂りすぎてしまうと得られる効果と逆の効果が出ることがあります。
過剰摂取をすることで起こるとされるものにはどのようなものがあるのでしょう。
たとえば、アトピー性皮膚炎やじんましんが発症しやすくなることがあります。
他には、血管が柔らかくなりすぎて動脈硬化を引き起こすこともあります。
ですから、適量を守って摂取することが大切です。

私たちの食生活は、アラキドン酸を摂ろうと意識しなくても十分足りていることが多いと言われています。
戦前や戦後の日本の食生活はアラキドン酸が不足していたと言われています。
これは、食糧難だけでなく、穀類や野菜中心の食生活でした。
アラキドン酸が多く含まれるとされる肉や卵をあまり食べなかったため、不足しがちだったのです。
それが、今では食生活が欧米化し肉や魚を積極的に摂るようになりました。
そのため、無理なダイエットをしていたり、必要以上に肉や卵を摂らないようにしていない限りは不足することはありません。
むしろ、場合によっては摂取しすぎのこともあるのです。

一日に必要な量を摂取するためには、肉類や卵を摂れば十分と言われています。
毎日の食生活で肉食に偏りがちな人は過剰摂取の可能性があるので、アラキドン酸の摂取量を減らすよう心がけたほうが良いです。
また、アラキドン酸を多く含む食品はコレステロールも多く含むものがあります。
ですから、肉類や卵の摂りすぎは、アラキドン酸の過剰摂取だけでなく、コレステロールの摂りすぎを引き起こす可能性もあります。
日頃の食生活で肉類を多く摂りすぎと思われる人は、是非肉を食べる量を調整しましょう。
肉類を減らした分、魚や野菜を多く摂るようにしましょう。

特に、魚はコレステロールが低いだけでなく、DHAやEPAが豊富に含まれています。
どちらも、体にとても良い栄養素です。
是非積極的に摂取することを心がけましょう。