アラキドン酸サプリイメージ

アラキドン酸が属するn-6系の働き

n-6系脂肪酸はオメガ6系脂肪酸とも言われる脂肪酸の中の一つです。
私たちの体は様々な栄養素から成り立っています。
体の活動を維持するために最も必要とされるのが三大栄養素と言われるものです。
三大栄養素は糖質、脂質、たんぱく質の3つです。
これに加えて様々なビタミン、ミネラル、カルシウムなどをバランスよく摂ることが必要です。
三大栄養素の糖質は体を動かすエネルギーになります。
たんぱく質は筋肉の元になります。
脂質というと脂肪がイメージされるため、あまり必要ないものに感じられます。
しかし、体には脂肪も必要なのです。
まずは体の体温を守るために脂肪を身に付けることも必要です。
そして、更には脳は水分を除くとその残りの半分以上は脂質で作られています。
ですから、脳の健康を守るためには脂肪もきちんと摂る必要があるのです。

脂肪には様々なものがあります。
コレステロールのような体にとって悪性のものもありますが、必須脂肪酸と言われる体にとても大切なものもあります。
必須脂肪酸は、名前の通り体にとって大切なものなのですが、自分の体の中で作ることができません。
そこで、食事からの摂取が必要です。
この必須脂肪酸の中の一つがアラキドン酸が含まれるn-6系脂肪酸です。
アラキドン酸は脳の働きを支える役割をはたしています。
記憶力や学習能力を助ける役割があります。
そのため、認知症やアルツハイマー病の予防、記憶力向上や物忘れ防止の効果もあります。

人間は細胞分裂のピークを過ぎると、必ず老化をしていきます。
それは、見た目だけでなく、体力・学力も同じです。
この老化のペースを抑えるアンチエイジング効果もアラキドン酸にはあります。
また、n-6系脂肪酸は他にも、DHAやEPAも含まれます。
DHAは知力に、EPAは気力や気持ちに関わる役割を果たします。
ですから、n-6系脂肪酸を積極的に摂取することで脳や心の元気な状態を保つことができるのです。
n-6系脂肪酸は魚を食べることで摂取できます。
近年、日本人の魚離れが心配されています。
食事の際に、積極的に魚を摂るようにしましょう。