アラキドン酸サプリイメージ

アラキドン酸とオレイン酸の違いとは

オレイン酸はオリーブオイルやナッツ類に多く含まれる不飽和脂肪酸のことです。
他の脂肪酸と異なる点として、酸化をしにくいことがあります。
酸化をしないことで、過酸化脂肪酸を作りにくいというメリットがあります。
過酸化脂肪酸というのは発がんの危険性がある物質です。
そのため、オレイン酸は発がん性が低い不飽和脂肪酸であると言えます。
オレイン酸の効果として、胃酸の分泌量の調整機能があります。
そのため、胃潰瘍や胃酸の出すぎを抑える効果があります。
他にも、生活習慣病予防にも効果があると言われています。
オレイン酸は体内での生成も可能です。
しかし、体にこのように良い効果がるので、食事でも積極的に摂取するほうが良いとされています。
そのため、最近ではオレイン酸が含まれる食用油も多く出回っています。
オリーブオイルやひまわり油を揚げ物の油として活用する人も増えています。

アラキドン酸は、リノール酸の中の一つです。
リノール酸は、体内に取り込むことで必須脂肪酸に変化します。
必須脂肪酸は名前の通り、体にとって必要な脂肪酸のひとつです。
しかし、体内での生成ができないため、食事での摂取が必要です。
アラキドン酸は脳の機能回復や、血中コレステロールを下げる効果があります。
しかし、過剰摂取をしてしまうと、善玉コレステロールを減らしてしまったり、動脈硬化の原因となったりします。
アラキドン酸は、意識して摂取しなくても意外と日常で多く摂取できています。
肉や魚、卵に多く含まれているため、毎日の食事の中で一度は口にしています。
そして、リノール酸も揚げ物の油に使われていることが多いため、気付かないうちに摂取していることが良くあります。
ただ、リノール酸は酸化が早いため、過酸化脂肪酸に変わりやすいです。
ですから、酸化には気を付ける必要があります。

このように二つは似たような名前ですが、性質は全く異なります。
摂取して得たい効果の内容や、使用方法に応じて上手に使い分けましょう。