アラキドン酸サプリイメージ

アラキドン酸の供給源

アラキドン酸を摂るべきだということが最近よく言われるようになりました。
摂取することで、脳や身体のアンチエイジング効果が得られたり、免疫が向上することがわかっているためです。
脳を作る乳幼児期、勉強や仕事で頭を使う青年期、老後の物忘れや認知症防止であったりと幅広い年代に必要なものと言われています。
このように、誰にとっても必要なものであるため、積極的に摂取したいものです。
基本的に体内で生成することもできるのですが、それだけでは摂取量が足りません。
さらに、年を取るほどその生成量は減っていくため食事での摂取が必要なのです。

アラキドン酸は、動物性脂肪に含まれているため、肉や魚、卵に多く含まれます。
私たちの食事は洋風化しましたし、肉食に偏りがちな傾向があります。
また、炒め物や揚げ物で油を使用しているため、肉を食べなくても脂肪を摂取していることが多いです。
ですから、多くの場合が一日に摂取すべき量を無意識のうちに摂取できています。
一日に一度、これらの食材を食べていれば必要量はきちんと摂取できていると言われています。
ですから、無理に肉や魚ばかりを食べようとせず、バランスのとれた食生活を心がけましょう。

魚は一人暮らしをしていたり外食が続くとなかなか食べられません。
しかし、魚は肉に比べ良性の脂肪が多いです。
特に青魚の脂にはDHAやEPAといった脳に良い栄養も多く含まれています。
ですから、食事をする際に、是非魚を食べる機会を設けるようにしましょう。
そして、もう一つ気を付けるべきことが摂りすぎることです。
特に肉の食べすぎはコレステロールの摂りすぎにもつながります。
アラキドン酸も摂りすぎると体に良くありません。
過剰摂取をすると、得られる効果と逆のことが起こります。
アレルギーを発症しやすくなったり、動脈硬化を引き起こしやすくなったりします。
ですから、肉や魚を摂取する量も摂りすぎないように、一日の中で調整するようにしましょう。