アラキドン酸サプリイメージ

医師に相談してのアラキドン酸サプリメントの使用

現代の洋風化した食生活であれば、基本的にアラキドン酸は必要量を摂ることができていると言われています。
しかし、時にはその食生活の内容から、不足している人がいます。
まずは、無理なダイエットをしている人です。
特に、思春期の女の子はダイエットをするときに必要以上に脂肪を摂ることを避ける傾向にあります。
アラキドン酸は不飽和脂肪酸の中に含まれているため、肉や魚、卵に含まれており、植物には含まれていません。
そのため、肉や魚、卵といったものを摂らないようにしてしまうと、アラキドン酸不足になってしまうのです。

同じような状況になることが考えられるのが、食事制限をしている中高年の男性です。
思春期の女の子と中高年男性とでは、共通点が少なく同じ状況になるイメージが湧かない人が多いでしょう。
しかし、中高年の食事制限の内容が思春期女子の極端な食事内容と似ることがあるのです。
中高年の食事制限は、メタボリックシンドロームや生活習慣病の対策で行うものです。
メタボリックシンドロームや生活習慣病の原因に、コレステロールがあります。
コレステロールは肉の脂肪や卵に含まれるため、食事制限の際、控えるよう言われることがあります。
その控える量が多くなってしまうと、アラキドン酸が摂取できなくなり不足してしまうことがあるのです。
そこで、対策として、サプリメントを用いて摂取するという方法があります。

サプリメントでの摂取のメリットは、コレステロールがほとんどカットされた状態での摂取ができる点です。
また、一緒に摂ると良いとされるビタミンEが一緒に配合されている場合もあり、効率よく摂取ができます。
ただし、サプリメントでの摂取にあたって注意すべき点があります。
それは、過剰摂取をすると副作用がある点です。
過剰摂取すると、動脈硬化を起こしたり、アレルギーを発症したりすることがあります。
ですから、食事制限の指導を受けている医師にきちんと相談したうえでサプリメントを摂取するようにしましょう。