アラキドン酸サプリイメージ

魚からアラキドン酸を摂るメリット

アラキドン酸は、植物には含まれない成分です。
動物性脂肪に含まれているため、肉や魚、卵から摂取する必要があります。
卵白やレバーには特に多くのアラキドン酸が含まれていると言われています。
特にレバーはクセが強いため、苦手な人も多いです。
日頃から意識してアラキドン酸を多く含むものを食べていない人は、不足していると心配になるかもしれません。
しかし、私たちの食生活が洋風化したことで、わたしたちは毎日の食事の中で、無意識のうちに動物性脂肪を多く摂取しています。
そのため、アラキドン酸の摂取量が不足している人はあまりいないと言われています。
不足していることが考えられる人は、菜食主義者であったり無理なダイエットをしている場合くらいと言われています。

では、アラキドン酸を摂るときに、動物性脂肪であれば何でもよいのでしょうか。
実は、摂る際に気を付けるべきこともあります。
それはコレステロールの摂りすぎになる可能性があることです。
レバーももちろん、卵にもコレステロールが含まれています。
コレステロールの摂りすぎは、生活習慣病を引き起こす可能性もあります。
ですからアラキドン酸を摂ろうと肉類を食べすぎることは、危険です。
摂る際には、コレステロールの低い魚からアラキドン酸を摂ることが良いでしょう。

また、意外ですが魚には肉よりもアラキドン酸が多く含まれています。
ですから、必要量を摂るためには魚から摂るほうが効率よく摂ることができます。
魚には、他にもDHAと言われるドコサヘキサエン酸や、EPAと言われるエイコサペンタエン酸も含まれています。
DHAは、記憶力や集中力を維持し、EPAは、血液をサラサラにしたりする効果があります。

これらを摂ることでより、脳と体の若さを維持することができます。
そういった面でも、魚からアラキドン酸を摂ることのメリットがあります。
最近では、日本人の魚離れが問題視されています。
昔と違い、今では魚よりも肉をよく食べている傾向にあります。
ですから、日ごろの食事で極力魚を選んで食べるようにしてみましょう。