アラキドン酸サプリイメージ

魚卵に含まれているアラキドン酸

アラキドン酸は必須脂肪酸の中の一つです。
名前に必須とあるとおり、体の中ではとても大切なものです。
脂肪がつくため、不要に思われがちですが、体の中には脂肪も摂取が必要なのです。
しかし、この必須脂肪酸は体の中での生成が難しいものです。
そのため、食事からの摂取をして必要量を補わなければなりません。
アラキドン酸の生成量は年齢と共に減少していきます。
ですから、年齢を重ねるほどに意識して摂取をする必要があるのです。

アラキドン酸は記憶力を向上したり、免疫力を向上したりする効果があります。
最近では、摂取することで認知症やアルツハイマー病の予防をしたり、物忘れ対策としても摂取されています。
食事の中での摂取をする際には、肉や魚、卵といった動物性脂肪の含まれているものを摂ることで摂取できます。
卵と言うと鶏卵がすぐに思い浮かびますが、魚卵もアラキドン酸を含んでいます。
イクラやたらこ、明太子にも含まれているのです。

必須脂肪酸を摂取するために、毎日肉ばかりを食べるのは大変です。
そして、中には肉があまり好きではない人もいます。
たしかに、肉には豚・牛・鶏と種類がありますが、体のためにも毎日食べるのは避けたいものです。
そこで、魚を献立に取り入れたいと思うこともあります。
しかし、一人暮らしだと魚料理を用意するのはなかなか難しいものです。
魚焼きのグリルがなかったり、煮魚の際にも手間がかかるためなかなか調理の機会がなかったりします。
それでも、肉を摂らずにアラキドン酸を摂りたい時に、簡単に取り入れやすいのが魚卵です。
野菜中心の食事にして、副菜としてたらこやいくらを摂るのです。

ただし、魚卵を摂る時にも注意が必要です。
魚卵も肉と同様にコレステロールが高いのです。
そして、更にいくらやたらこは保存性を高めるために、醤油や塩漬けしているものも多くあります。
そのため、食べる量に気を付けなければ、塩分の摂りすぎになってしまうことがあるのです。
ですから、食べるときには量の加減に注意が必要なのです。