アラキドン酸サプリイメージ

比内地鶏とアラキドン酸

アラキドン酸は脳の老化防止に効果があることで注目を集めています。
アラキドン酸は不飽和脂肪酸に含まれているので、植物には含まれておらず、肉や魚、卵に多く含まれています。
このように様々なものに含まれていますが、中でも、比内地鶏に注目が集まっていま

比内地鶏とは、秋田県の比内地方に伝わる種類で、日本の地鶏の中の一つです。
外国からも様々な種類の鶏が入ってきたことで、種類が混じっているものも増えています。
しかし、比内地鶏はその中でも純粋なものとして守られてきた貴重なものです。
ただ、今では、天然記念物として保護をされているため、純粋種を食べることはできなくなっています。
それでも、一代種という比内地鶏の雄とロード種の雌をかけ合せたものを食べることはできます。
この、比内地鶏はアラキドン酸を多く含むものとして名前が挙げられているのです。

比内地鶏を購入しようとしたとき、その価格の高さに驚いたことがある人も多いでしょう。
比内地鶏の価格は、最近多く取り扱われているブロイラーの鶏肉と比べると2倍以上の価格のものも多いです。
しかし、食べ比べればその味の違いは歴然としています。
鶏の味はもちろんですが、身の柔らかさも差があります。
この差の一因がアラキドン酸にあるというのです。
他の鶏に比べ、比内地鶏はアラキドン酸が含まれていることが明らかになっています。
これは、与える飼料の中にアラキドン酸を含まれるものを入れていることで、含有量を増やしているためです。
この含有量の差がうま味につながるのです。

毎日の食事で比内地鶏を食べることは、価格の面からも難しい場合も多いです。
しかし、たまの贅沢をするときには比内地鶏からアラキドン酸を摂ることもお勧めです。

ただし、アラキドン酸はバランスの取れた食生活をしていれば多くの場合が必要量を摂ることができています。
さらに、摂りすぎると動脈硬化を引き起こしたり、アレルギーを発症したりすることがあります。
一日に一度、肉や魚、卵を摂るようにしていれば十分に必要量は摂れています。
それ以上食べている場合には、摂りすぎに気を付けるために、食べる量を少し控えるようにしましょう。