アラキドン酸サプリイメージ

健康長寿とアラキドン酸摂取の調整

現代の日本は、戦前戦後と比べて大幅に食生活が充実しています。
また、医療技術も飛躍的に成長しました。
そのため、日本の平均寿命は伸びており、高齢化社会になりました。
長生きできると、人生が長くなる分、様々な経験ができます。
昔に比べて老後の人生が長くなったので、退職や子育てが終了した後の人生を楽しむことができるようになりました。
そこで、余生を楽しむためにはやはり健康であることが大切です。
健康と言うと、自分の足で出かけたり、病気をしないことのような体の健康に目が行きがちです。
しかし、健康の中には脳の健康も必要です。
脳が健康と言うのはどのような状態でしょう。
まずは、自分できちんと生活できる必要があります。
そのためには、毎日のルーティンや社会の決まりをきちんと覚えておかなければなりません。
そして、自分の意思をきちんと伝えられるよう、考える力や言葉も覚えておく必要があります。

人間は老化と共に脳の機能も衰えていきます。
小さいものであれば物忘れや、言いたいことがすぐに出てこないようなことが起こります。
それが頻繁になると、認知症となります。
せっかく長生きしても、脳も健康でなければ楽しい余生を過ごせません。
出かけた記憶もなくなってしまいますし、認知症が出てくれば家族に迷惑をかけてしまいます。
そこで、脳も健康でいられることが、本当の意味での健康と言えるのです。

そのために必要なのが、アラキドン酸の摂取です。
特に高齢になると、胃や歯の問題で肉を食べる機会が減ってしまいます。
ですが、毎日のアラキドン酸摂取が脳の健康維持には必要です。
そのため、最近では老人ホームや介護食でも肉を使ったメニューが増えています。
かたまりのステーキ肉は難しくても、脂身の多い薄い肉や魚であれば食べやすいです。
さらに、食事での摂取が難しければサプリメントでの摂取でも十分効果があります。
早いうちから、対策として十分なアラキドン酸を摂取する食生活を心がけましょう。