アラキドン酸サプリイメージ

思考力効果にアラキドン酸が関係している?

人間の脳細胞は3歳がだと言われていました。
そのため、三つ子の魂百までとか、三歳までに習い事を始めるとよいと言われてきました。
三歳までに脳細胞が作られたのち、作られることはなく死滅していくとされてきました。
しかし、最近では、研究が進み、大人になってからでも脳細胞を作ることができることが明らかになりました。
この、脳細胞を作る時に役に立つのがアラキドン酸です。
アラキドン酸は、脳細胞の主要成分です。
細胞膜を柔らかくしたり、柔軟性を高めてくれるものです。
さらに、摂取することで記憶力や学習能力を上げてくれます。
情報伝達についても同様です。
そのため、最近では『受験生に摂らせるべき成分』とも言われるようになりました。
脳の機能が向上することで、集中力や思考力にも効果を発揮します。
ですから、学生に関係なく、ビジネスマンや頭を使う仕事をしている人でも必要な成分と言えます。

また、アラキドン酸の効果は、このように脳のできることを増やしたり、衰えを食い止めるだけではありません。
毎日の摂取を続けると、認知症やアルツハイマー病の予防としても効果があるのです。
他にも、アレルギーや感染症対策として、免疫力を向上する効果があります。
このように、長い目で見て脳が若く元気でいられるようにしてくれるのがアラキドン酸なのです。

脳の学習機能を向上させたくて、アラキドン酸を摂取するときには魚を食べるようにしましょう。
特に、青魚には脂がたくさんのっていてそこにはDH(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)も多く含まれます。
特に、DHAは脳に多く存在し、記憶力や集中力を高めてくれるのに効果的です。

これらの成分は、体の中でも生成していますが、その量は加齢とともに減少していきます。
ですから、食事での摂取が必要となります。
毎日一度は肉や魚を食べることできちんと必要量を補うことができます。
これは、普段の食生活でさほど意識しなくてもできることです。
できれば、週に一度は肉ではなく魚を食べるようにしましょう。